有機JAS認定オーガニック米「竜源米」(あきたこまち、ひとめぼれ)の販売

雫石八十八屋

商品カテゴリ

fax

 

コンテンツ

Pick Up! 新着商品

有機JAS認証を取得

雫石八十八屋は有機JAS認証を取得しております。

ASAC 有機栽培認定証
有機JAS認定

EU 有機栽培認定証
EUオーガニック認定
 
特別栽培米 認定証
岩手県特別栽培
農産物認証

認定証はこちら↓
[1][2][3]
数字をクリックすると
表示されます

 

お問い合わせはこちら

 

メール会員登録

 

HOME»  美味しいお米ができるまで

八十八屋のこだわり

美味しいお米が育つ理由

美味しいお米が育つ理由

 

 北東北地方の拠点都市である盛岡市の西方約16kmに位置し、豊かな自然に囲まれる岩手県雫石町には、大きく分けて岩手山水系と駒ケ岳水系の二つの水系があります。

 ひとめぼれは岩手山水系の、あきたこまちは駒ケ岳水系を、この上なく澄んだ水を引いて育てています。

 

春夏秋冬お米ができるまで

春夏秋冬お米ができるまで

 

春夏秋冬お米ができるまで

 

田植えの前に、そこの田んぼの土をとって来て、田んぼの土とそこで採れたお米のもみ殻を焼いて、炭にします。これは、田んぼの土を消毒と、雑草の種焼く、肥料になる、という意味で行っており、種蒔きの際の土にも使用します。   雫石八十八屋では、除草剤を使用しません。
ほうきが付いたバイクのような物に乗って、田んぼの土をかき混ぜます。そうすると、土が濁り、太陽光が水の中に入らず、雑草が生えないのです。7月には、田んぼに入れる水を止めて田んぼを乾かし、収穫の準備です。

 

春夏秋冬お米ができるまで

 

春夏秋冬お米ができるまで

 

収穫後、お米を乾燥させ、大きさを選別する機械で選りすぐったお米をお届けします。大きな粒にする事で、もっちりと食べ応えのあるご飯になります!(竜源米限定)
当地での出荷基準は1.9mmですが、雫石八十八屋では、2.0mm以上で選別し、もっちりと食べ応えがあるように準備致しました。
  春から秋に向けてがんばってもらう為の土を休ませる時間として、自然水を入れて栄養を入れています。また、田んぼに水を溜めておくことで、田んぼが凍らないようになります。こうすることで春になってから田んぼが乾き過ぎず、苗に水分がたっぶりいくようになります!